来年設立50周年を迎える愛知県ペストコントロール協会。 日頃より人間の生活に害や不快感をもたらすダニや蚊などの生物や微生物に対する予防、防除、駆除などを行っている。 また6月4日は「ムシの日」にあたり、県や市も後援して啓蒙するイベントを昨年に引き続き開催する。 今回は行政と、協会の代表者にお集まりいただき、業界の現状や課題などについて語っていただいた。
―まず、協会の紹介をお願いします。

当協会
会長 川瀬 充 氏

川瀬 私ども公益社団法人愛知県ペストコントロール協会は、県民の皆様の公衆衛生の維持向上を目標に、有害生物に関するさまざまな問題解決に取り組んでいます。 愛知県下を7ブロックに分け、正会員60社、賛助会員11社の合計71社で構成(平成29年3月末)、近年は鳥インフルエンザ発生時の車両消毒や特定外来生物(アライグマ等)の防除なども行っています。

―「ムシの日」の取り組みについて教えてください。

市岡 毎年6月4日から7月4日を「ムシナシ月間」、6月4日を「ムシの日」と定め、県民・市民の皆様に対する啓発活動を行っています。 昨年に引き続き、6月4日午前10時~午後4時まで星ヶ丘三越1階ピロティで、ムシの日のイベントを開催します。 今回も愛知県と名古屋市にご後援をいただきました。 当協会の活動を多くの方に知っていただけるよう、情報発信ができればと考えています。

―行政への相談件数と概要は。

愛知県健康福祉部健康医療局生活衛生課
課長補佐(環境衛生グループ)
矢野 昌伸 氏

矢野 平成28年度の衛生害虫に関する相談件数は176件、そのうちダニに関する相談件数は34件、その他の衛生害虫に関するものが142件でした。 衛生害虫の相談のうち、実際に同定を行ったものは27件となっています。 ダニに関する相談で健康被害があったものは、かまれたもの10件、アレルギー症状の訴えが3件でした。

楫屋 平成28年度の衛生害虫に関する相談件数は4238件で、前年度に比べやや増加しております。 そのうちハチ類に関する相談件数は2602件で、全体の61%を占めています。 名古屋市では、スズメバチの女王バチが1匹で巣を作り始める4~5月を、「スズメバチ類危害防止運動期間」と定め、巣の早期発見と除去について啓発を行っています。

セアカゴケグモに関する相談件数は352件で、前年度に比べて減少はしていますが、唯一発見されていなかった千種区においても昨年度発見の報告がありました。

―協会に寄せられる相談件数と概要は。

市岡 平成28年度の相談件数は1611件でした。 このうち実際に現場で作業を行ったものが986件(61・2%)で、昨年度と比較して約4割増加しています。 ハチの相談件数が増えたことが要因で、特にスズメバチに関する相談が目立ちました。

「もっと知ろう!むしのこと」/6月4日に啓蒙イベント開催

―ムシの日のイベントの詳細を教えてください。

当協会
理事 市岡 浩子 氏

市岡 「もっと知ろう! むしのこと」をキャッチフレーズに、当協会の若手の会が中心となって企画しました。 縁日をイメージした会場に、かわいい虫のキャラクターの顔出しパネル、ゲーム、ペーパークラフトやハチの捕獲器などの工作コーナーも設けます。 害虫相談も無料で行いますので、ぜひ気軽にお立ち寄りください。

―来年度、協会は50周年を迎えますが、何か計画されていることは。

川瀬 9年前に40周年記念事業として、県内の公共雨水桝(ます)の蚊発生状況調査を行いましたが、今回も記念事業として同様の調査に取り組みます。 地元の大学や研究機関と連携し、デング熱やジカウイルス感染症といった蚊媒介感染症に焦点を当てた調査を計画中です。 10年でどのように変化しているのか、結果はさまざまな形で発信したいと考えています。

―行政から協会に望むことは。

名古屋市健康福祉局健康部
環境薬務課環境衛生係
係長 楫屋 和紀 氏

矢野 県では、IPM(総合的有害生物管理)の考え方に基づいて、ねずみ・昆虫等の生息調査を実施した上で、生息が確認されなかったり管理基準以内であれば薬剤による駆除はしないという管理方法の普及に力を入れています。 「県有施設における農薬・殺虫剤等薬剤適正使用ガイドライン」を定めて啓発を行ってきた結果、IPMの考え方がかなり浸透しました。 平成27年度には愛知県食品衛生条例にもIPMに関する管理が規定され、食品営業施設に対する普及啓発にも積極的に取り組んでいます。 協会の方にもそういったところに対する助言をお願いします。

楫屋 平成26年にデング熱の国内感染が発生しましたが、名古屋市内においても海外との人や物の往来が盛んになっていることから、国内に発生していない衛生害虫が媒介する感染症の発生も想定する必要があります。 そのような場合には、迅速な対応を行う必要がありますので、ご協力をよろしくお願いいたします。

―協会から読者へメッセージをお願いします。

市岡 男性中心の職場というイメージが強い業界ですが、当協会は以前から女性が働きやすい環境が整っています。 私は鳥インフルエンザや愛知万博の現場にも参加させていただきました。 一人暮らしの女性のお宅に男性が入るのはちょっとという場合にも、女性は大活躍です。 男性の目線に女性ならではの目線が加わることで、より一層皆さんに安心していただける環境になるのではないでしょうか。 次世代の若い方に、女性が挑戦できる場、活躍できる場があるということをぜひお伝えしたいですね。

川瀬 デング熱を媒介するヒトスジシマカ、ダニ媒介性脳炎や重症熱性血小板減少症候群(SFTS)を媒介するマダニ等、病原体を媒介する生物によりウイルス感染するケースも増えています。 愛知県でそういった問題がいつ発生するか、予測は大変難しいですが、今後も啓発活動に力を入れてまいります。

―ありがとうございました。
引用:中部経済新聞 掲載記事から

ページの先頭へ戻る